忍者ブログ
日々の稽古、私の剣道に対する考えなどを綴ります。

[11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

剣道で稽古をしていれば、左足の裏、人差し指と中指の間の一番盛り上がった部分にマメが出来るのは自然なことです。


↑赤丸のところ
汚い画像で失礼!(苦笑)


普通のマメが出来た場合は、そのまま放っておくのが一番です。
皮を無理に剥いだり、穴を開けたりせず、自然に治るまでマメの部分をテーピングなどで保護し、ただひたすら治るまで待ちます。


しかしこれが血豆だった場合は対処が異なります。


血豆をマメと同じように放置して直した場合、足の裏の皮と肉の間に血の結晶が出来、それが歩いているうちに粉々に砕け、その破片が足の裏の肉に突き刺さるようになります。


これは経験してみなければわからないかもしれませんが、とてつもなく痛いです。


では、血豆が出来てしまったときにはどうするのか。
待ち針などの先端をライターなどの火で熱し消毒し、血豆に穴をあけます。
そしてティッシュを使って血豆部分を軽く圧迫、中にたまった血を抜き出します。


あとは消毒したあと、マメが出来たときと同じようにテーピングなどで保護し、完治を待ちます。


くれぐれもマメの部分の皮を剥いてしまわないように!

拍手[9回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
<<08 2017/09 10>>
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN: まるち●
HP: 蕨市南剣道クラブ
性別: 男性
職業: システムインテグレーター
自己紹介:
小学校二年生より剣道をはじめ、高校時代まで約10年間修練に勤しむ。
その後一時剣の道から遠のくも、自分の子供たちが剣道を始めたことをきっかけに、再度剣士として修行を積むことに。
小学三年生より約四年間、かつて某テレビ局で殺陣の指導をされていた恩師ご指導のもと、神免派二刀をご教授いただく。
現在はIT関連企業に従事し、主にソフトウェアの検証・評価・導入支援を担当。
ブログ内検索
最新コメント
[11/03 まるち●]
[11/03 さゆみ]
[05/17 まるち●]
[05/17 ゲスト]
[08/06 まるち●]
最新トラックバック
バーコード
PR

Copyright © 剣道BLOG All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]