忍者ブログ
日々の稽古、私の剣道に対する考えなどを綴ります。

[13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

剣道の袴には、表に5つ、裏に2つ、腰元から足元にかけてまっすぐな折り目(ヒダ)があります。
これって一体何のため?と不思議に思ったことはありませんか?


実はこの折り目、決して無駄な折り目ではありません。


五常

「ごじょう」と読みます。
大辞林によると、儒教で人が常に守るべき五つの徳目のこと、とあります。
五つの徳目とは

  • 仁 己に克ち、他に対するいたわりのある心のこと
  • 義 正しい行いを守ること
  • 礼 礼儀、礼節を重んじること
  • 智 物の道理を知り正しい判断を下すこと
  • 信 いつわりのない忠実な誠の心

を表します。
これが袴の表側にある5つのヒダの表す心です。
この五つの徳目を、袴を身につけることによって、順守すると誓っているのです。


忠・孝

「ちゅう」「こう」と読みます。
儒教において、最も重要な徳とされるものです。
それぞれ

  • 忠 主君に尽くすまごころのこと
  • 孝 親、兄弟を大切にする心のこと

といった意味を持ちます。








・・・というのが定説です。
定説というからにはもちろん、他の説もあったりします。(^^;ゞ


五つのヒダが表しているのは五穣(ごじょう)だ、いや五倫(ごりん)だ、という説、二つのヒダは天地(てんち)、あるいは陰陽(おんみょう)を示している、などなど・・・


ちなみに

五穣

「ごじょう」と読みます。
五穣とは、この言葉が生まれた中国で、当時生きるためにもっとも重要であった食物のコメ・ムギ・ヒエ・アワ・マメを指します。

五倫

「ごりん」と読みます。
やはり儒教の教えの中で説かれる徳です。
教似人倫、父子有親、君臣有義、夫婦有別、長幼有序、朋友有信の五つを指します。

天地

神道において万物の祖とされる空と大地を表します。
二本のヒダそれぞれの腰板下の始点を「天」、裾の終点を「地」とする、と言われています。

陰陽

「おんみょう」と読みます。
古代中国の思想では、森羅万象、宇宙のありとあらゆる事物をさまざまな観点から陰(いん)と陽(よう)の二つに分類しています。
互いに対立する属性を持った二つの気は、万物の生成消滅をもたらすと考えられており、やはり全ての祖を表す言葉です。


いずれが正しいのか諸説あるため、どれと決めることは出来ません。
しかし、少なくとも武道を学ぶものとして「大切なことを忘れない」という意味を表していることには変わりがありません。


剣道を習う子供を持つお母さん方にお願いです。


洗濯をするとヒダがしわとなり、アイロンがけも一苦労だと思いますが、袴のヒダがまっすぐになるようにしてあげて下さい。
きっとお子さんも袴のヒダと同じように、まっすぐに育ってくれるはずですよ。

拍手[14回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
<<10 2014/11 12>>
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN: まるち●
HP: 蕨市南剣道クラブ
性別: 男性
職業: システムインテグレーター
自己紹介:
小学校二年生より剣道をはじめ、高校時代まで約10年間修練に勤しむ。
その後一時剣の道から遠のくも、自分の子供たちが剣道を始めたことをきっかけに、再度剣士として修行を積むことに。
小学三年生より約四年間、かつて某テレビ局で殺陣の指導をされていた恩師ご指導のもと、神免派二刀をご教授いただく。
現在はIT関連企業に従事し、主にソフトウェアの検証・評価・導入支援を担当。
ブログ内検索
最新コメント
[11/03 まるち●]
[11/03 さゆみ]
[05/17 まるち●]
[05/17 ゲスト]
[08/06 まるち●]
最新トラックバック
バーコード
PR

Copyright © 剣道BLOG All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]看護師 旅行予約